活力ある企業経営をサポートする「大淀町商工会」の公式ホームページ

Google
お問い合わせ アクセス プライバシーポリシー リンク集
 
 トップページ > 大淀町名所ガイド > 坂合黒彦皇子の墓
 
『日本書紀』によると、坂合黒彦皇子は、允恭天皇(黒彦皇子の父)を殺害した幼い眉輪王(まゆわおう)(允恭天皇に殺された大草香皇子の子)をかばって、大泊瀬皇子(黒彦皇子の弟・後の雄略天皇)の怒りを買い、彼に味方した葛城の円大臣(つぶらのおおきみ)や眉輪王とともに殺され、「新漢槻本南丘」に合葬された、とあります。現在宮内庁の管理する「坂合黒彦皇子墓」は、安政年間(1854‐1859)に当町今木字ジヲの地に比定されたものです。
これに対し『大和国古墳墓取調書』を書いた野淵龍潜は、これに意を反して、江戸時代に書かれた『大和志』の指摘どおり、「天狗森」と呼ばれている今木の南側の丘陵地に候補地を求めています。この今木の地に伝わる黒彦皇子の御陵の伝承は、古代史の謎とあいまって深い霧につつまれたまま、当地に残されています。
 
住所:大淀町今木。ふれあいバス「今木交番前」下車。
 

大淀町商工会 〒638-0821 奈良県吉野郡大淀町下渕906-1
TEL:0747-52-9555 FAX:0747-52-8397
◆営業時間のご案内:午前8:30〜午後5:15

 

Copyright (C) 2006 The OOYODO Chamber of Commerce and Industry. All Rights Reserved.